信頼の人と人との繋がり

還暦を前にして今までの様に活発に動くと足腰が痛みだして湿布が 離せない毎日(笑)そんな中嬉しい記事を目にして涙している。商工連ニュースの「みなみ風」の記事だ。 息子が大阪から嫌いや帰って来た当時は調理人と加工人の立場で衝突が絶えず、身内で同じ仕事を進める難しさを痛感する毎日。息子は友達もなく土地勘も地域の風習や方言さえわからない日々。どんなにか辛く苦しかった事だろう。母でありながらHelloさ…

続きを読む

たった一個だけど・・・。

起業して色々な経験、体験をしてきました。行政関連の催事に参加したりお取り引き先の店頭販売だったり小さな講演や指導助言やクレームの処理対応や生産調整も経験で不良在庫がかなり減ってきました。 今までの一番の失敗は一人の行政職員とのコミニケーションがとれなかった事です。お互い心の傷は一生癒されないでしょう。 お中元や贈り物など「たった一個ですけど」と言って買いに来て下さるお客様。「ありふれたお中元…

続きを読む

相談に応じてよかったと感動!

ふとファックス機に目をやったら手書きの一枚のファックスが来ていました。水俣市久木野のソーメン流しの水源亭のメンバーの方からです。人と人ととの繋がりてこうして出来ていくのかなと嬉しくなりました。「みんなでがんばろと思います。ありがとうございました」の言葉に胸が熱くなります。 スーパー猛暑の今年、80歳代のメンバーさんも励んでおられる姿を想像して私も弱音を吐けません!

続きを読む