さつま町におじゃったもんせー。

「こんな組織は先細りになるのが常と・・・」

さつま町農産加工懇話会の研修忘年会を新加入3名を迎え、開催。

一人は千葉からの移住者、二人目は先日開催の(森山健二さん、久徳スミ子さんを講師に迎えて)農産加工セミナーの受講者。3人目はみかん農家で町会議員さん。(千葉からの移住者もセミナーを受講されての加入)

この会が発足した時、ある人に「どうせいずれは消える組織だよ」と言われた記憶が・・・。
ところがどっこい、益々勢いづいて来ている。

来年さつま町で開催予定の九州かーちゃんサミット。
発起人杉本氏の提案で懇話会のメンバーの活動拠点を訪問。
杉本氏の反応は笑顔でこれは面白い事例だと。
開催地を知り、人を知る杉本氏の行動力がかーちゃんサミットを成功させたいという気持ちが(言葉には出されなかったけど)案内人の私に伝わってきた。

役場職員の協力もあり、かーちゃんサミット実行委員会を立ち上げサミット開催に向けて知恵と意見を出し合う会を月一のペースで進行中。
委員全員自分の仕事を調整しながらよりよりサミットにしょうと。

農産加工を職業にしたい人のきっかけ作りや全国のかーちゃんたちの交流、そしてさつま町を知ってもらうチャンスになれば開催の効果は期待出来る。
そして、
「やっぱり先細りの組織だったね」と言われない為に懇話会のメンバーの活動や製品もPRをしたい。

九州だけではなく全国の皆さん、来年6月さつま町開催のかーちゃんサミットにおじゃったもんせー。

この記事へのコメント