私でよければ。

きのうはHelloさつまの加工塾でした。
私が加工を始めた頃は食生活改善グループを主とした公共の施設での製造がおもで、個人で加工施設を作る人はほとんどいない時代でした。

そしてその製造のノウハウも自分たちだけの秘密にして後継者を育成する意識もなくバリアを張り、若手がスキルを習いたい、学びたいとお願いしてもよそ者扱いされていました。
今そのグループはどうでしょう。後継者不足でしかも補助金頼りの活動をしていたシワ寄せで高齢化→廃業という道をたどっています。

昨日H elloさつまに研修に来て下さったみなさんは、目標と夢をお持ちでした。その夢を実現したくHelloさつまを研修場所に選んでいただいた事が私はとても嬉しいです。

人のお役に立つなんて身の程知らずとは思いますがHelloさつまに行ってみたい、行ってまたやる気が出てきたと言ってもらえるような現場主義加工塾をやって行こうと思います。

農産加工懇話会の森山健二さんが「経験が資格」と私に教えてくださいました。

私は資格も、学歴も、立派な経歴もありません。
ただ継続力と経験だけが財産です。

農産加工はマイナーな職業かもしれませんが、現場に来てくださったらきっと私にも出来ると気付かれると思います。

昨日は研修が早く終わったので西郷どんの資料の展示をしているさつま町歴史資料館へ案内しました。
帰りに次は宿泊できますねと言われたのが印象的でした。

この記事へのコメント