第二の人生を楽しむ♪

さつま町には農産加工で第二の人生を楽しんでいる方がいます。一人は屋号「オンジョンボ」の東條さん。某車メーカーを退職され自宅に農産加工室を作り柚子ジュースや手作りこんにゃく、あくまき、ドレッシングなどを製造されています。車の営業マンから農産加工に転身された方です。 もう一人は工房七草の森山健二さん。団体職員退職後、奥さんの百合子さんと二人で米麹、甘酒、ドレッシングなどを製造されています。森山さん…

続きを読む

継続は力なり

県内の各市町村の特産品を販売する自治会館のふるさと市場に町の行政職員と宣伝販売に行き始めてから8回目(正確には覚えていない)ぐらいになります。行き始めた頃は梅振興会(現在、薩摩西郷梅)の職員さんと一緒でした。当時の梅振興会の人は梅の漬け方やら調味料の事、塩分濃度などお客様に詳しく説明されていましてが昨日は梅干しだけが来ていて西郷梅の人は来ていません。 新鮮野菜も人気で今年は自慢館の店長さんが自…

続きを読む

学びを即実践。

先日視察に行った「みのだ夢来工房」さんは加工機材は真空包装機が2台あるだけですと話されていました。商品も自家菜園の無農薬野菜のお漬け物などを真空包装して商品にされていて全てが小さな入れ物の食べきりサイズ。賞味期限も3ヶ月です。 翌日視察のお礼の電話をしたら奥さんが電話に出られ元気な明るい声で対応してくださいました。ご主人が教員をされていて宮之城農校でも教鞭をとられていて宮之城をよくご存知で是非…

続きを読む